1年海洋資源科体験航海

 

1年海洋資源科の生徒12名が5月16日(月)から20日(木)実習船鳥海丸で函館へ体験航海に行きました。天候は全て良好、波も大きなうねりがなく、船酔いをする生徒はほぼいませんでした。初日は緊張の中、船内でベットメイキングや勉強をし、2日目の函館入港までゆっくりと緊張がほぐれる時間を過ごしました。函館に入港すると、生徒の目は輝いていました。鳥海丸の隣には沖縄県の実習船海邦五世がおり、船長のおかげで貴重な船内見学をすることができました。

 その後、函館市国際水産・海洋総合研究センターまで20分歩いて施設の見学と、函館の水産関連の講義を受講しました。施設内の水槽にはクリオネなどもいて、生徒は思い思いに写真などを撮っていました。その後は立待岬まで行き、道中にある石川啄木一族のお墓を見ました。立待岬からの景色は素晴らしかったです。夕方には函館山にのぼり、夜景の綺麗な時間まで滞在しました。やはりここは感動する場所でした。3日目は、函館市北洋資料館で水産・漁業の歴史や文化を学びました。パワーストーンにも触り、生徒は函館の建物や歴史などにふれ、限りある時間を有効に活動していました。

3日目の昼過ぎには名残惜しみながら函館を後にしました。この航海で友人との共同生活、船の実際を学び一回り大きくなって帰ってきたと思います。今後の学校生活でお互いの良い所を伸ばして学校生活を充実してほしいです。

 

IMG_9525.JPGIMG_0660.JPGIMG_8428.JPGIMG_0636.JPGIMG_9519.JPGIMG_8373.JPGIMG_0667.JPGIMG_9581.JPGIMG_0437.JPGIMG_9513.JPG